H25年2月3日
Home > 福療会 活動紹介(H25年) > H25年2月3日

H25年2月 研修会 午前

10:30~12:00

福岡大学名誉教授・医学博士 今永一成先生による講習が行われました。

テーマ 「痛み」 について

≪痛覚≫
痛覚は生体への侵害刺激に対する防御機構として重要である。

≪痛みの成因≫
末梢性 : 侵害受容性(受容器の侵害物質への刺激)
       表在痛覚、深部痛覚、内臓痛覚

神経原性 : 救心性神経一次ニューロン、二次ニューロン、三次ニューロン、脊髄、視床、皮質中枢の障害(神経炎、外傷、脊髄労、脊髄硬化症、腫瘍、運動異常、四肢痛(大脳皮質)帯状疱疹痛、糖尿病神経痛【ニューロパチー】)

≪頭痛≫
一次性頭痛
頭痛の90%
緊張型 : 毎日~2,3/週
片(偏)頭痛 1/1~2ヶ月(前兆:閃輝暗点)
群発性頭痛 : ある時期に集中

二次性頭痛
頭痛の10%程度
脳腫瘍、脳出血、突然の激しい頭痛、癲癇性、顎関節症、頸椎症
講習風景

H25年2月 研修会 午後(カイロ手技)

松田正利先生によるカイロ手技療法の実技講習が行われました。



H25年2月 研修会 午後(光線療法)

西村皓生先生による光線療法の実技講習が行われました。

H25年2月 研修会 午後(温熱刺激療法)

樋口敏郎先生による温熱刺激療法の実技講習会が行われました。

H25年2月 研修会 午後(電気療法)

吉武萬千子先生による電気療法の実技講習が行われました。
お問い合わせ